키인사이드, 김형석의 ‘노느니특공대엔터테인먼트’에 전략적 투자

포인트 통합 플랫폼 ‘밀크’를 개발한 블록체인 전문 기업 키인사이드가 엔터테인먼트 기업 ‘노느니특공대엔터테인먼트’에 전략적 투자를 했다. 양사는 메타버스 및 NFT 관련 공동 사업을 추진한다. 작곡가 겸 프로듀서로 잘 알려진 김형석 대표의 노느니특공대엔터테인먼트는 메타버스 기반 사이버 밴드 ‘402호(사공이호)’ 운영을 비롯한 음악, 아트, 패션 등 다양한 업종을 망라하는 지적재산권(IP) 사업을 추진하기 위해 설립된 콘텐츠 기업이다. 코로나19 팬데믹 이후 […]

EMEA Morning Briefing: Stock Futures Point to Higher Open, Oil Rises

MARKET WRAPS Watch For: Germany Industrial Production Index; EU Summer Interim Economic Forecast; OECD Employment Outlook report launch; updates from Babcock International Group, Bang & Olufsen, Micro Focus International, Provident Financial, Hiscox. Opening Call: Europe could open higher Wednesday. Dollar strengthens. Oil, gold, and metals rise. Equities: European stock futures were pointing higher Wednesday as […]

Farewell, Sierra Club

As a child growing up in the San Francisco Bay Area, I didn’t really question whether I was an environmentalist. Valuing the conservation of natural resources came naturally to me. I remember countless trips with school and family to the most beautiful places I could imagine– the old growth redwood forests of Muir Woods, Point […]

Outbreak Co-Op Anthology Is Now Available For Xbox One And Xbox Series X|S

Outbreak Co-Op Anthology Dead Drop Studios LLC ☆☆☆☆☆ 12 ★★★★★ $59.99 $47.99 Get it now Enter the world of co-op survival horror with four retro-inspired nightmares including the brand-new Outbreak: Endless Nightmares, Outbreak: Epidemic, Outbreak: The New Nightmare, and Outbreak. This anthology includes both the next-gen and prior-gen versions of each game. Scrounge for supplies, […]

藥物齊打交:鈣質 vs 雙磷酸鹽?

世事往往不能兩全其美,要嘛不愛江山愛美人,要嘛不愛美人愛江山,二者不可得兼(《孟子.告子上》)。 面對魚與熊掌,孟子主張「捨魚而取熊掌者也。(《孟子.告子上》)」 嗄?孟子何時轉行做食評家?……哦,孟子其實只是用來比喻「捨生而取義者也(《孟子.告子上》)」而已。 問題是,如果是藥呢?   (From: Pixabay) 在用藥上,「魚與熊掌」其實老是常出現。 例如鈣質、雙磷酸鹽(Bisphosphonate),堪稱一對歡喜冤家。 首先雙磷酸鹽是一類骨質疏鬆藥。 其中常用的雙磷酸鹽主要是Alendronate、Ibandronate、Risedronate。 不過說到骨質疏鬆,藥罐子相信各位看倌總可能會聽過鈣片吧? 現在很多廣告不是鋪天蓋地提醒大家要補充鈣質預防骨質疏鬆嗎? 那不用問,要是患上骨質疏鬆,往往可能需要同時服用這兩種藥。 問題是,理論上,這兩種藥其實不該同服! 為什麼? 因為鈣質能夠跟雙磷酸鹽結合,便可能會妨礙雙磷酸鹽在消化道的吸收,減少雙磷酸鹽的生體可用率(Bioavailability),從而削弱藥效。 其實雙磷酸鹽的吸收率本來便已經很低,平均不到百分之一,要是跟鈣質同服,只會更低。 那魚與熊掌,怎麼辦? 一些看倌可能會說: 「唔……當然是捨鈣片而取雙磷酸鹽者也!因為就算不吃鈣片,還是可以透過飲食攝取鈣質,對吧?」 對,補鈣不一定要吃鈣片,最簡單的方法便是進食一些蘊含豐富鈣質的食品,例如奶類製品、豆類製品、乾果果仁、綠葉蔬菜(例如波菜),同樣可以補充鈣質。 不過鈣片有一個優點,便是裡面大多會清楚標示自己的鈣含量,甚至建議服用方法,方便人們自行計算自己一天到底攝取多少鈣質,確保自己能夠達標。 問題是,這裡的真正重點是「鈣質」,不是「鈣片」。 這就是說,不論鈣質的來源到底是食品還是保健品,結果還是一樣。 換言之,就算不吃鈣片,單是攝取食物裡的鈣質,同樣於事無補。 所以雙磷酸鹽同樣不建議跟這些蘊含豐富鈣質的食物同服。 那到底怎麼辦? 既然他們一碰面便會打交,最直接的辦法當然是分開他們吧! 對,一般建議兩者分隔至少半小時至一小時服用,減少兩者在消化道裡相遇,從而避免妨礙雙磷酸鹽的吸收。 這樣的話,魚與熊掌,二者便可得兼。 值得一提,要是雙磷酸鹽依附在食道,便可能會對食道黏膜產生刺激,誘發食道炎(Oesophagitis),甚至食道潰瘍(Oesophageal Ulcers)。 所以最理想的服法是用一杯清水整粒吞服,服藥後至少三十分鐘內保持站立或者坐著,避免躺臥,簡單說,只要豎,不要橫,目的在希望讓食道保持垂直,減少藥物依附在口腔、食道的內壁,減少對食道黏膜的刺激,從而減少出現食道炎、食道潰瘍的機會。 相較而言,這是一種很特別的服法。對吧?

『縄文時代の歴史』を読んで、教科書的な理解よりも現実の学説は進んでいるのが分かる。

縄文時代の歴史 (講談社現代新書) 山田康弘 講談社 2019-01-17  著者は、国立歴史民俗博物館教授で、まさに、縄文時代のプロ。  正直言って、この本は、現時点での分析結果を踏まえているのでが、こまかな事実や学説の違いなどが詳細に記述されていて、大きな流れはつかみにくいと思う。  ただし、著者の一番大事な指摘は、縄文時代・文化、弥生時代・文化という発想自体は、日本独特のもので、その発想の背景には、マルクス主義に基づく、唯物史観、発展段階説があって、貧しく平等な縄文文化から弥生文化に克服されていったという、仮説=思い込みがあったということ。  著者はこの部分を、「この点について、私は「縄文時代・文化」というものは、戦後の新しい歴史観によって新しい日本国民を育成するために設定された、きわめて政治性の高い歴史概念であると考え、それゆえに「つくられた」ものだと主張してきた(山田二〇一五)。」(位置No565)と語っている。  しかし、そもそも縄文時代、文化を何で始まったかという議論ですら、土器の出現(約16500年前)、土器の一般化(約15000年前)、縄文文化的な生業・居住形態の確立(約11500年前)とばらついている。さらに著者は、それぞれが併行して発生しているので、段階的に縄文時代が始まったと考えている。  著者の記述では「また、この三つの説を比較すると、土器の出現と、定住生活の出現、貝塚の出現といった縄文時代らしい生活の成立時期との間には五〇〇〇年ほどの時間差が存在することになる。すなわち、旧石器時代から縄文時代への移行は決して急激なものではなく、次第に温暖化していく環境への適応のなかで、五〇〇〇年もの長い時間をかけてゆっくりと継起したものと捉えることが肝要だ。」(位置No441)と言っている。  そもそも何で縄文時代が始まったかもきちんと整理されていないという事実を知ることは重要。ただし、最新の学説を学べば学ぶほど、複雑で単純に整理されないという事実を受け入れる必要がある。  もともと、大陸とは気象条件も異なり、日本では栗やドングリなどの採集や鮭などの漁労で相当の食料を確保できることから、農業生産が始まらない段階で定住生活が始まったことが、1つの特徴。それをもって独自性とか唯一性を主張するようなものでもないように思う。もう少し、旧石器、新石器、青銅器、鉄器時代という大きな流れに位置付けることが重要かもしれない。  すくなくとも、単純化して、縄文時代、文化ということを教科書で学ぶことの意義は問われているように思う。少なくとも教科書では単純に言っているけど、縄文時代や文化という切り口で物事を整理しようとしても、学説上はもっと複雑で混乱しているんだということは、学生に伝える必要があると思う。  その他気になった記述をメモする。 (1)現在までにおける「確実な」考古学的知見によれば、今の日本列島の範囲にヒトがやって来たのはおよそ四万年前から三万八〇〇〇年前のこととされており、日本における人類活動の痕跡は、この最終氷期にまでさかのぼる。(位置No260)